有給休暇って?買い取りはできるの?有給休暇の基本!

有給休暇。甘美な響きです。
書いて字のごとく給料が有る休暇の事ですが、働き方改革法案が成立したことで、今年2019年の4月1日より、日本の全ての会社で、従業員に対して年間に5日以上の有給休暇を取得させなければならなくなりました。

4月1日ってもうすぐやん!とか、新社会人がまた入ってくるんだなぁ、社会の荒波に揉まれつつ強くなれよ!とか色々思ったので、今回は有給休暇について調べてみました。新社会人のみなさん、有給はとりましょうねー!

そもそも有給休暇って?

会社ではみなさん「有給、有給」と言っていますが、有給という言葉自体は「給料が支払われること」を差します。
なので正しくは「有給休暇」なんですね。で、そもそもこの有給休暇とはなんぞやってことなんですけど、勤務先に一定期間勤務した従業員に付与される、お給料が減額されない休暇のことになります。

普通に休んだらその日分のお給料は支払われないはずなんだけど、この制度を利用することで休みながらもお金をもらえちゃうよ!っていう事ですね。素晴らしい制度です。

人間、働くだけでは充実した人生とはなりませんからね。(稀にワーカホリックと呼ばれる仕事大好きな人種もいますが)

有給休暇って働く人がリフレッシュに使う為にあるように思われていますが、実は会社の方にもメリットがあります。

従業員が有給休暇を使うことで心身ともに健康な状態になることで、仕事の生産性とか事故の防止に繋がるんです。
疲れ切った状態で土木作業なんかやってたら事故連発ですもんね。
そんなことにならないように、有給休暇があるわけだ。

じゃあそんな素晴らしい制度、じゃんじゃんつかっちゃえばいいんじゃね?と思っても実際はそうはいきません。
会社から有給休暇を付与されるには2つの条件があります。

有給休暇を貰える条件

働き始めて6カ月以上が経過している

ひとつめ、会社やお店で働き始めてから数えて6カ月経過することが条件になります。

例えば、4月1日に入社した人の場合、勤務期間が6カ月目となる10月1日になってようやく有給を貰えるという事。

僕は今、わりかしバンバン有給とって休んでいますが、新入社員としての6カ月間は一度も休まなかったんだなぁと、ちょっと自分でびっくりしてます。

出勤している割合が8割を超えている

ふたつめ、以下の計算式で導き出される「出勤率」が8割以上であることです。

 出勤率 = 出勤日 ÷ 全労働日

出勤日は全労働日のうち、きちんと出勤した日数です。一応、遅刻や早退をしていても出勤日には含まれます。
で、全労働日は会社が指定する休日を引いた日数です。

なのでつまり、最初の6カ月、あとは1年毎の期間でこの出勤率が8割を超えていればOKです。
土曜日が所定休日じゃない会社では有給付与の条件も厳しいようですね…。

有給休暇って何日貰えるの?

実は有給休暇ってさっきの条件を満たせば無限に貰えるわけじゃありません!
基本的には、まず最初の6カ月で「10日」貰えます。
それから勤務年数が1年、2年となるごとに「11日」「12日」と貰える日数が増えていきます。長く働いた人ほどたくさん休めるってことですね!

まぁ皮肉なことに、長く働くと大体責任が重くなってくるので、特に日本ではだんだん有給を消化できなくなってくるわけですが。

有給休暇は繰り越し出来る?

有給は発生した日から2年以内であれば繰り越せます。

例えば6カ月で発生する「10日」の有給を全く使わずに1年立つと「11日」の有給が付与されて合計「21日」となるわけですね。

こんな感じ


普通は無くなってしまう前に使いきるべきですが、会社によっては以下の条件に当てはまる有給を買い取ってくれる所もあります。

  • 有効期限の2年を超えてしまう為消えてしまう有給
  • 退職時に未消化で残った有給
  • 法定有給休暇を超えた有給

3つ目はつまり、法律では年10日の有給を付与しないといけないことになっているが、会社の規定で年15日にしている場合、差分の5日分は会社が買い取れる、という事です。

ちなみに有給の買い取りは原則、法律で認められていません。これら3種類が例外となります。
これ以外の理由で会社が有給を買い取るのは「違法」です。

違法にしないと、会社が勝手に従業員の有給を買い取って
「おめーらに有給なんかねぇんだから休まず働け!」
がまかり通ってしまうんですね。怖い。

買い取り額は会社ごとに異なりますが、1日当たり5000円とか、月給を1ヵ月の労働日数で割った額にするとか色々あるみたいです。

会社は有給の申請を拒否できる?

これ、原則として会社は従業員からの有給取得を拒否することはできません。

ただし、会社が繁忙期で1人でも休まれるとまずかったり、みんな一斉に休まれてしまうと業務を続けることが出来なくなります。
なので、「休む日をかえてくれー!」という権利を行使することは認められています。

日本って有給消化率が低いって聞いたけど…

そうなんですよねー。日本人って休むことに罪悪感がある人が6割ぐらいいるみたいで、有給消化率が他の国と比べても断然低いです。


エクスペディア・ジャパン提供

いや休めよ!と僕は言いたいです。

ブラック企業が蔓延していることもさることながら、日本人はもっと自由に生きることを覚えた方が良いと思うんです。

日本は昔から我慢することを美徳とする国民性で、こんなところでもその特性が出ちゃってるんでしょうね。

まとめ

今年4月1日から毎年5日は有給を取得しないといけなくなります。
かく言う僕も実は4月1日に早速有給を申請しています。
(前日がayaのお兄さんの結婚式なので、次の日に仕事なんてやってられない!)


有給休暇の取得は法律で認められている正当な権利です。
仕事をしていると、自分の成長の為にも多少の無理をしないといけない
タイミングは必ずやってきますが、それを続けてしまう事で
心身を壊してしまっては本末転倒です。
この素晴らしい制度を有効活用して、充実した人生を歩んでいきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク